自動車保険についてのWebサイト「車の保険の基礎講座」

車の保険を基礎から分かりやすく

「車の保険」。そう言われてピンと来るのは、自動車保険に既に入っている人や仕事としてかかわっている人ではないでしょうか?
特に自動車保険に初めて入る、という人にとっては、車の保険と言っても今いちピンと来ないはずです。そこで、本サイトでは初めての人にも分かりやすく、車の保険を基礎からご紹介していきます。
車の保険は安心安全なカーライフのためにも欠かせないものだけに、それを理解することが重要です。本サイトではそのお手伝いをいたします。

任意保険について解説します

実は車の保険にも二つあります。それが、自賠責保険と任意保険です。自賠責保険は、自動車を購入した時や車検の時等に合わせて手続きを取るのが一般的で、普通の道路(公道)を走行する自動車ならば、全ての車に加入が義務付けられています。

ですから、自賠責保険とは別名・強制保険とも呼ばれています。
強制的な側面もある保険だけに、自賠責保険は購入時等に必ずディーラーや販売担当者に加入についての説明を受けることになります。
そう心配せずとも、車を取得する過程の中で自賠責保険は加入する運びとなるでしょう。
また、心配しなくてもと表現したのは料金面もあります。自賠責保険は、車ごとに既に保険料がいくらなのか決まっています。このため、自賠責保険は工夫のしようもありません。
保険会社や担当者の進めるがままに、いつの間にかとても充実した補償内容になっていたり、その逆になったりということがありません。
内容が画一的で、保険料も工夫のしようがない、ただ強制的に入らねばならないという点が心配しなくても良いという所以です。

今回は車の保険の中でも、もう一つの任意保険について詳しく解説をします。自賠責保険があるからもう入らなくていいだろう?
いいえ、実はそんなことは無いのです。自賠責保険は他人が死傷した場合の補償のみに限定されているため、十分ではありません。さらに、自賠責保険ではケガの場合で1名あたり120万円、死亡3,000万円、後遺障害4,000万円といった上限額があります。
補償はこれだけでは決して十分とは言えず、それを補うためにあるのが任意保険なのです。
この任意保険について、基礎から分かりやすく説明いたします。